豚プラセンタと馬プラセンタはどちらがおすすめ?

豚プラセンタと馬プラセンタはどちらがおすすめなのでしょう。アミノ酸含有量を見ると、馬プラセンタの方が豚プラセンタよりも多いです。安全性についても、馬は豚より寄生虫の心配がありません。馬の基礎体温は豚や牛よりも5度~6度高く、寄生虫が住み着く可能性が低いのです。馬プラセンタのほうが豚プラセンタよりも安全性は高いです。

馬は非常にデリケートな生き物で、抗生物質やホルモン剤などを受け付けず、人工的な加工がほとんど行われていない安全性の高さもあります。希少性においても、馬プラセンタに軍配が上がります。

馬プラセンタのほうが豚プラセンタよりも採取するのに長い時間と労力がかかるので、馬プラセンタの方が希少性は高いです。総合的に考えると、豚プラセンタよりも馬プラセンタのほうがおすすめということになりそうです。原料の希少価値的には馬のプラセンタの方が高く、おすすめできます。ただ、馬プラセンタが豚プラセンタよりもやみくもによいとは言えません。
大事なことは馬だから良いとか豚だから良いとかではなく、成分表示や製造方法をよく確認して、信頼できる製品を選ぶことです。

プラセンタ育毛剤の効果

Comments are closed.